店頭大好評 安心のミニ寸線香

自然派ロウソク蜜蝋

 

仏事カンタンQ&A

仏事に関するお悩み、ご相談、ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お仏壇についてのご質問はこちら

 

店長日記

女の子

こんにちは。永楽堂ウェブ店店長のRAKUです。2月15日から永楽堂オフィシャルサイトがリニューアルしました。どうぞ末永く宜しくお願いします。

店長日記はこちら>>

携帯ページ

HOME»  仏事カンタンQ&A»  仏事 Q3 開眼法要とはどういうことですか?

仏事 Q3 開眼法要とはどういうことですか?

Q3.仏像や曼荼羅に『魂入れ』(開眼法要)をするというのはどういうことなのでしょうか?


<開眼供養は仏像や曼荼羅に仏さまのお説法をそなえるために行います>



お仏壇に安置してご本尊さまとしておまつりする仏像や曼荼羅には、はじめにお経をあげて「お魂入れ」の開眼供養をしてからおまつりします。開眼供養は仏像や曼荼羅に『梵音深遠相』という仏さまのお説法を供えるために、仏さまのお説法であるお経を読誦することで、お魂入れをします。お経は仏さまのお考え、心、精神です。

 開眼供養後、仏像や曼荼羅には仏さまの心を入れたことになり、仏さまを象徴するお像となるわけです。