店頭大好評 安心のミニ寸線香

自然派ロウソク蜜蝋

 

仏事カンタンQ&A

仏事に関するお悩み、ご相談、ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お仏壇についてのご質問はこちら

 

店長日記

女の子

こんにちは。永楽堂ウェブ店店長のRAKUです。2月15日から永楽堂オフィシャルサイトがリニューアルしました。どうぞ末永く宜しくお願いします。

店長日記はこちら>>

携帯ページ

HOME»  仏事カンタンQ&A»  仏事 Q14 お盆について

仏事 Q14 お盆について

お盆のページ

 ジメジメとした梅雨期が過ぎますとまもなくご先祖さまをお迎えするお盆がやってきます。
仏事カンタンQ&Aナビゲーター
お盆の期間は一般的に7月13日~16日、旧盆は8月13日~16日までです。
あっという間の4日間ですが、ご先祖さまにとって、また私たちにとって深く大切な4日間です。

【お盆とは】

お盆とは正式には『盂蘭盆会(うらぼんえ)』といい、地獄の苦しみを受けている人々をこの世から供養することの功徳によって、その苦しみを救いたいという仏教行事です。しかし、日本においてはこの行事と、昔からの「今の自分があるのは、ご先祖さまのおかげである」と感謝する先祖崇拝の心とが合体したものです。(旧暦)7月15日は父母やご先祖さまに報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日とされています。13日には迎え火を、15日には送り火を焚いてご先祖さまを送迎します。
   

【お盆と提灯】

お盆には故人の精霊を迎え慰める供養の意味をこめて『盆提灯』を贈り供える習慣があります。
盆提灯は故人がいかに周囲の方から慕われていたかを示すものです。故人への感謝の気持ちを込めて盆提灯をお送りしましょう。

【お盆の行事】

基本的にはお盆は、ご先祖さまに感謝し、亡くなられた方の精霊が安らかに成仏することを願い、生前のご恩に対する先祖供養の行事であると共に、家族が末永く豊で平和な暮らしがかなうよう願う行事です。
各地域によって異なりますが、一般的にはお仏壇に精霊棚をつくり、朝昼晩とお食事を供え、お土産にとおだんごを供えます。
ナスで作った牛、キュウリで作った馬はご先祖さまが牛に荷を引かせ、馬にのって行き来するという言い伝えによるものです。 

  

【新盆・初盆】

故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を『新盆・初盆』といいます。新盆を迎えるお家には、親戚や子供、親しかった友人から故人の精霊を迎え慰める供養の意味を込めて「盆提灯」を送ります。
地域によって異なりますが、新盆の時は何の絵柄もない白張提灯をご用意します。白張提灯は早い時期から玄関などに飾り、新しくご先祖さまとなられた方が迷うことなく来られるように目印とします。白張提灯は送り火で燃やしたり、お寺におさめます。

【盆棚・精霊棚】

精霊棚のお飾りは特に決まったしきたりがあるといったものではありません。
特別な棚ではなく、身近なテーブルなどを代用しても良いです。
ご先祖さまを供養する心こそが何よりも大切なのです。






【精霊棚の飾り方例】

1) 盆提灯は棚の両脇にかざります。
2) 盆花(キキョウ・オミナエシなどの山採りの花々が良いでしょう)
3) マコモのゴザ(白い布で代用しても良いでしょう)
4) マコモの縄(結界をつくります)
5) 篠竹
6) ボンメ(コンブ、ソーメン、フ、ホーズキなどを縄にかけて吊るします)
7) お供物(季節の初物をお供えします)
8) 御霊供膳(お膳を用意しても良いですし、ハスの葉に盆料理を盛りつけても良いでしょう。
その際、盆箸と呼ぶ柳の枝をつけます)
9) ナスの牛・キュウリの馬

【お盆の期間中の過ごし方】

ご先祖さまの精霊をお迎えして、数日間を一緒に過ごそうといのがお盆の行事です。
ご先祖さまといっても、亡くなって四十九日を迎えていない方はお帰りにはなりません。法要は通常の四十九日までの法要が
優先されます。

<迎え盆 12日か13日>
一般的に関東地方では7月、その他の地方では8月の12日を迎え盆とし、精霊棚の飾りつけに入ります。
飾りつけが済んだら13日の夕方、ご先祖さまが居られるお墓にいって、おがらを折って迎え火を焚きます。
この火を提灯の火に移して持ちかえり、精霊棚のロウソクに移します。
お墓が遠いお家では玄関の角口で迎え火を焚きます。こうして迎えたご先祖さまを15日の夕方か16日までご接待します。

<期間中の過ごし方 14日から15日にかけての供養>
ご先祖さまが召しあがる食事を霊供膳といいます。
特別なお膳や献立が決められている地方もありますが、特に決まったものが無ければ影膳を供える程度で良いでしょう。
この間、棚経(たなぎょう)といって、御寺院様がお経をあげに回る地方もあります。最近では菩提寺で盛大な法要を
されるところも多くなりました。親戚や隣近所の方と一緒の法要はお子様の情操教育によい機会です。

<送り盆 15日か16日>
ご先祖さまを彼の世にお返しする行事を送り盆といいます。
迎え火を焚いた同じ場所でおがらを積み重ねて送り火を焚きます。
なすの牛の作り物などを用意して、ゆっくり帰っていただきます。精霊棚のお飾りや供物などを片付け、来年の再会と、
それまでの精進をご先祖さまにお誓いします。